ホーム > 熊本 > 紅茶といえば英国、というイメージが私たちにはある。

紅茶といえば英国、というイメージが私たちにはある。

紅茶といえば英国、というイメージが私たちにはある。

実際に英国の人たちの生活は、紅茶抜きには考えられないと言っても過言ではないだろう。

英国紅茶の轢死をたどると、オランダに紹介されて緑茶を飲み始めたのが最初だという。そして、1675年にロンドンにオープンしたある店が薬効を訴えながら、中国茶、緑茶を新しい飲み物として販売したのが、英国人がお茶を飲むきっかけであったそうだ。

そして1662年にポルトガルからチャールズ2世のもとへと嫁いできたキャサリンが、中国の緑茶・陶磁器・家具などを持ち込み、東洋文化=お茶へ王室を導いたといわれている。

英国でお茶が普及した背景にはさまざまな要因があるようだが、一般大衆に普及し国民

飲料となるのは、1730年からの産業革命を得た1760年頃のことである。


【PR】エア遊具 ふわふわドームエア着ぐるみオリジナル値段価格なら

ふわふわ遊具製作所